We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:190 愛車への道のり Vol.1

まずはじめにお知らせ。夏休みが終了しました。

夏休み企画のセイバーさんは終わってません。作業的にはほぼ終了していますが、パーツ紛失して捜索中です。いや、セイバーさんはもう一人いるので最悪パーツ取りとして使いますが。
ということで、そちらは見つかり次第更新、と甘えさせていただきます。


ほいでもって本題。

以前の記事で紹介したバイク、「FZ-16」を本格的に購入しようと思って動き始めました。
扱っているネットショップを検索サイトで探して、無料見積もりを出してもらいました。
見積もりの条件に、「バイクの登録は自分でやります」と記載。登録は時間も手間もかかりますが、自分でやるとかなり価格が安くなるので、時間がある方は自分で登録することをお勧めします。
配送料無料のA店、一番近い県のB店、本体価格の安いC店に聞いてみました。


A店
配送料無料および価格は基本諸費用を払うことが絶対条件(要するに、登録はやるから費用を払え)。
車両本体価格: 198,000円
県外デポ間無料配送: 0円
自賠責保険1年: 9,260円
重量税: 4,900円
標識ナンバー代: 700円
登録顧客管理代行料: 20,000円
輸入車納車整備&完成検査費用: 30,000円
新車メーカー~配送料(当店迄): 18,000円
防犯登録: 1,200円
支払合計      :285,520円

B店
登録はお任せしますが、整備料と防犯登録と自賠責が必要になります。
車両本体価格 :230,000円
支払合計      :230,000円

C店
登録なしでの販売はしておりません。
車両本体価格:178,000円
自賠責1年: 9,260円
重量税: 4,900円
整備代金: 35,750円
登録代行料: 31,500円
防犯登録料: 1,050円
ナンバープレート: 540円
支払合計      :261,000円


はい、全部読んだ方お疲れ様です。

A店、C店は登録なしでの販売はなし。

B店は登録なしでもいいけど、そのほかの費用について明記なし。自賠責と重量税で15,000円くらいで、整備量が30,000円くらい?この県なら父の会社からトラック借りて取りに行けるので、送料はほとんどかかりません。全部で27~8万円くらいかな?

A店とC店を見比べると、C店は車体価格が安い分、整備料金と登録代行料金でかさ増しされているのがわかります。そう、ここが車両を買うときのミソとなるのです!
整備料金、登録代行料金は店によってだいぶ前後するので、結局ボッタくられることがあるんです。一例では、友人が新車原付のjogが5万円で買えるという広告に飛びついて買いに行き、整備料金と登録代行料金、その他ワケのわからないオプション(事故したときの塗装料金割引保険、とか)を全部ひっくるめて18万になったとか。もう安い原付が普通に買える値段です(笑 安い車両のときは、見積もりにちゃんと目を通しましょう。

A店は送料無料!とかうたってるくせに、メーカーから販売店までの送料を払えと来たもんだ。このけちんぼ!
送料のわからないC店ですが、某大手配送業者で調べてみると大体24,000円でした。ということは、結局A店もC店もさほど変わらない、ということですね。

さ、3店を見比べてみたわけですが、結局どこで買っても払う金額はほぼ同じということがわかりました。だったらどこで買ってもいーじゃねーか、と結論を急ぐわけには行きません。なんでかって?











予算が25万以下だからな!







次回に続くかも。
スポンサーサイト
バイク購入まで | コメント:0 | トラックバック:0 |

Part:193 愛車への道のり Vol.2 候補の旧車はいくらなの?編

友人3人とバイクショップへ行ってみました。行ったのは友人が欲しいものがあるか、どのくらいの値段になるかの調査が目的でした。

そこで、「FZ16が買えなければこいつかな~」と思っていた、「YAMAHA ZEAL」を発見。年式は91年。エンジンのステンレスは曇ってるし、グリップのゴムは一部が千切れてて、ステッカーも剥げ気味。
店員「なかなか上物ですよ、コレ!」



嘘コケや。



マフラーだけ純正新品だし、「カスタムなし」どころか「補修なし」なんてどこにも書いてない。こりゃこけてるな。


それでもまたがってみると、すわり心地は上々。ハンドルまでの距離も程よく、足つきもいい(というか、ひざが曲がるぐらいベタベタだった)。
やっぱこれでもいいかな、とも思えてきたので、無料見積もりを出してもらった。


バッテリー下取り   8904円
チェーンロックキー  10500円
登録手数料      18900円
納車点検量      10500円
オイルリザーブ    12000円
自賠責保険料(2年) 13350円
盗難保険料      2100円
キャンペーン割引  -30000円
本体価格      248010円
保険・税ほか     15450円

支払い合計     294260円







FZ16が買えちゃう値段です(笑
オイルリザーブとかチェーンロックキー、盗難保険料を差し引いても27万です。20年もののバイクをこの値段で買うなら、「+手直し料金」がかかってもおかしくない。それに、大型二輪をとるまでのつなぎで乗るバイクなので、燃費面を考えてもこいつはふさわしくないですね。

つーか、ヤフオクだともっと安くてきれいなやつ売ってることあるし。


やっぱり、島根まで買いに行こうかなぁ。
バイク購入まで | コメント:0 | トラックバック:3 |

Part:196 愛車への道のり Vol.3 頼りの親方は、どこか宙を見てる編

父親が難色を示し始めた。

FZ16のことを本気で、何度か相談していたのですが、最初は「インド製とか大丈夫なのか?」「スペックはどんなんだ?」とか質問されました。インド製に対しては「設計、開発は日本だから大丈夫だろう」、スペックに関しては「初心者だから排気量も少ないし、扱いやすいだろう」とその時は納得してくれた。
自分が乗りたいと思ったものに乗れ、ってのが結論でした。新車しかないけど、と言えば、買うのはお前だから、と笑ってました。

最近になって、「ホントにそれしか良いのはないのか?」と聞かれた。これに関して僕は即答。以前にも書いたかもしれませんが、あまり人とカブらないバイクに乗りたかったし、ヤマハにコダワリがある(といっても、将来的にVmaxに乗る。だからヤマハ乗りになるんだ!というショボイ理由)し、何よりデザインが好きだったから。以前、友人とバイクショップへ見に行ったときも、やはりカッコいいバイクは見当たらなかったし。

11月初めごろ。そろそろ父親に頼んで、バイクを契約しに車を出してもらおうと思っていた(恥ずかしながら、まだ車の免許を持っていないのだ)。
家族そろって食事中、妹が「消費税っていつから何割になるの?」と聞いてきた。

姉「いつか忘れたけど、8%になって、10%まで上げる気らしいよ」
母「それまでに洗濯機を買い換えたいわ~」
僕「それまでにバイク買いたいな~」
父「それは中古だから大丈夫だよ」











父「それは中古だから大丈夫だよ」













※以下、回想シーン
FZ16のことを本気で、何度か相談していたのですが、最初は「インド製とか大丈夫なのか?」「スペックはどんなんだ?」とか質問されました。インド製に対しては「設計、開発は日本だから大丈夫だろう」、スペックに関しては「初心者だから排気量も少ないし、扱いやすいだろう」とその時は納得してくれた。
自分が乗りたいと思ったものに乗れ、ってのが結論でした。新車しかないけど、と言えば、買うのはお前だから、と笑ってました。









父「それは中古だから大丈夫だよ」










言ってることが違うよ、パパン!




なんて微妙なツッコミは置いておいて、真顔でさらっと言っていたので本気で腹が立ちました。

つまり父の中では「FZ16は(選択肢に)無い」って事になってる訳です。もしくは「新車しか無い」って事を忘れているか。
前者だとすると屈辱的。好きな女の子を馬鹿にされた気分です。
「お前、レネー・フェリス・スミスのファンなの?洋モノ好きでロリコンかよw」と馬鹿にされた気分です。

197.jpg

ちなみにこちらがレネー・フェリス・スミスさん(27)。かわいい。元カノに似てる(笑

後者だとすると、僕の話を親身になって聞いていなかったってことになります。こちとら真剣に相談していただけに、余計に腹が立つというもの。


ということで、ちょっと久しぶりにマジでお怒りモードです。あんまりにも腹が立ったので憂さ晴らしに書いてみました。書くとスッキリするのは、王様の耳はロバの耳ー!と叫んだ散髪屋と同じ心理状況だからでは(たぶん違う)。


続く!
バイク購入まで | コメント:0 | トラックバック:0 |

Part:200 愛車への道のり Vol.4 20年目の反抗期

父親に対して怒りを剥き出しにした僕は、もう一度見積もりを出してもらうことにした。最初に出してもらった三店にもう一度見積もりを出してもらい、一番安い店で(父にはナイショで)買うことにしたのだ。
結果から言ってしまえば、前回のA店が一番安かった。前に見積もりをしてもらった時よりも安くなっていたので詳しく見てみると、「生産国から店までの配送料」が無料になっていた。お気づきの方もいらっしゃるかと思うが、この料金は僕が「けちんぼ」扱いした料金だ(笑 もしかしたらこのブログを見ていらっしゃるのかもしれない。こんにちは、お世話になります、けちって言ってごめんなさい。

ということでこのA店と連絡を取り、ローンを組んだ場合の計算をしていただいた。頭金4万円、二十四回払いだと月々1万円くらい。これなら少ないバイト代でも無理なく返すことができそうだ。
ナンバーは向こうでとってもらうので、住民票を送って頭金を振り込んで準備完了。
輸入車元から車両を発送してもらって、それから登録、点検整備なんかを行うとのことだった。車両配送が一週間から十日ほどかかり、点検整備で一週間くらいだそうだ。
これが11月半ばの話。

で、12月のはじめ頃。
二週間くらいで来るものだと勘違いしてた僕は焦った。連絡こねーし。もう待ちきれねーし。
メールで問い合わせてみたところ、
「あ、ただいま輸入メーカーの出荷点検が終わったところで、もう二週間くらいかかります」

きっと、海の向こうではこんなやり取りをしてたんだろう。
インド人整備士A「日本に送るバイク、整備した?」
インド人整備士B「まだッス。つーか、明日でいいスかね?オレ、今日モスク行くんでw」
さすがインドだ。もっと働け。

先週の金曜日に、「業者に配送手続きをしました」と電話を頂いた。今週の火曜日か水曜日に到着するそうだ。
大学は今週の金曜日までが授業。それからしばらく冬休みに入る。なんだかんだで最高のタイミングで配送された、ってことなんだから、インドには感謝している(笑



続く
バイク購入まで | コメント:0 | トラックバック:0 |

Part:201 愛車への道のり Vol.5 娘がインドからやってきました

12月25日。ジーザスバースデイだ。そして僕は、友人のスズキ・INAZUMAに二人乗りで配送業者へ向かう。自腹購入のクリスマスプレゼントを受け取りに行くのだ。
1時間ほどで到着し、事務所の方に手続きを行ってもらう。手続きといっても受け取り書類にサインする位のもので、ものの3分もかからない。
そして、バイク受け取り。

fz16_1.jpg

こける前にパチリ。うむ、かっこいい。そして思っていたより大きい。
全体的に安っぽい部分も多々ある(ヤマハのマークがステッカーだったり、グリップにゴムの湯口がついてたり)が、実際安っぽいバイクなんで仕方あるまい。交換するし。

さてさて一通り眺め終えたし、後は家へと帰るだけだ。免許の技能試験をパスして半年間、ロクに運転してなかったのが気になるが、まぁ、自転車と似たようなものだし何とかなるってものだ(なりません)

キーをまわしてエンジンスタート。きゅるるるるるるる。ぱすん。はい、エンジン温まってません。チョークかけて再スタート。今度はかかる。そんじゃ帰ろうか、と帰り道のガソリンスタンドを目指す。車どおりの多い交差点に入るので一時停止。

ぱすん。

また切れた。

これ、大丈夫かな。いや、割とマジで。と二人で話しながらガソリンを注いで再発進。これ以降はなんらトラブルなくいたって普通に走れた。きっとエンジンが冷えてた&卸したての新車だからだ。慣らし運転20キロで調子が出てきた、といった感じ。

乗ってみた印象は、とにかく軽い!今まで運転したことがあるのがCB400、ドラッグスター400、イントルーダー800と重量のあるバイクだった、というのも原因だけどね。力を入れれば前輪を持ち上げるくらいはできる。そんな機会はないだろうけど。
LCDのメーターも意外と読みやすい。速度計はデジタル表示なので好みが分かれると思うが、我が家の愛車、日産の3代目リバティーもデジタル表示なので僕は違和感を感じなかった。つーか、このデザインのバイクでアナログ表示のほうがダサいし。

納車が遅れたので、とお詫びのレトルトグリーンカレーをくれるような茶目っ気はないが、まぁ良しとしよう。詳しいレビューやカスタム記など、これからこの3号車についての記事も書いていこうと思う。

あ、名前も決めといた。由来はインド初のプレイメイトから






命名:シェーリン号





0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e1.png
image from シェルリン・チョプラ

こちらがご本人さん。こりゃ(整形)美人だわ。
バイク購入まで | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。