We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:96 タラちゃんの声って、たまにイライラする。

特にストレスの溜まってる日とか、腹が立ってる時とかはテレビに向かって物を投げたくなります。カルシウム不足なF19です。

暑くてロクに外へ出られません。家に引きこもってダブルオーライザー作ってる毎日です。ダブルオーライザーですが、実は塗装に入ってます。これ以上弄っても完成しないまま終わる可能性が高くなってきた為です。制作記のほうもちゃんと書きたいのですが、仮組み部分は省略してしまうかもしれません。あしからず。

で、とりあえずサフ吹きしてたのですが、エアブラシで塗ってると30分もしないうちに水を噴きました。湿度高いから仕方ないんですけどねぇ、コレじゃ作業が進まない。誰かいい方法しりませんかね?
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Part:95  PG ダブルオーライザー製作記-00ガンダム/腕編

ようやく定期テストが終了し、楽しい模型ライフの予定が、せっかくの土曜日は模擬試験になってしまい・・・
おまけに今度の日曜日は志望校のオープンスクールになってしまい・・・

久しぶりの00ですが、お察しの通り飽きてきました(笑 撮っていた写真の枚数も少なく、正直なところうろ覚えな解説で本当に申し訳ないですm(_ _)m

arm1.jpg


腕のフレーム状パーツです。これに白い装甲などを加えて腕にするわけですね。
GNコンデンサーの入る腕の関節部分は、特にチェックが必要です。パーツの向きを間違えるだけでうまく入らなくなるので、故障の原因となりやすいのではないでしょうか?
ぶっちゃけ、このロックのせいですべての関節に強弱ができてしまい、ロックのない部分が非常に外れやすくなっているような印象を受けます。腕周りはやけにロックが多いです。特に手首前のロックは不要でしょうに・・・


arm2.jpg


上腕の装甲です。隙間にクリアパーツが入っていないのが逆に不思議です。オーライザーには入ってたのになぁ。
まぁ、こういう部分は非常にディティールアップしやすいので困らないんですけどね。


arm3.jpg


フレームにGNコンデンサを搭載します。写真左側が手首なんですが、なんと手首付け根にもクラッチ機能が付いているのです。組み立てるのが面倒だから勘弁して欲しかった。


arm4.jpg


装甲をつけるだけで腕らしく見えるから不思議なものです。ただ、下腕だけだと短く見えてしまいますが。
真ん中の四角い部分はでっかい剣を装備するときのラッチになります。左右についてるので二刀流なんかも可能です。やるにはもう一体分のキットが必要ですけど。


arm5.jpg


手首を付けたらはい、完成。解説はガンガンはしょってくぜ!
指は一本一本、関節ごとに可動しますが、ゲート処理とパーティングライン処理で瀕死でしたけど(笑


arm6.jpg


肩です。青はやたらとヒケが多いのでしっかりと処理しておきます。
注意点はそれくらいかなぁ。大して難しい工作ではなかったと思います。

肩と合体させた写真が見当たらないので、仮組み終了の時までのお楽しみということでwww
PG00Raiser_MS.Part | コメント:0 | トラックバック:0 |

Part:94 英語のハナシ

中国新聞のコラムで知ったけど、楽天やユニクロは英語ができなければ首になるとかナントカ。国際的に活躍するには、英語がしゃべれるのは当たり前って事らしい。まぁ、確かに当たり前だよな。

明々後日、期末試験で英語のテストがあるけど、ネイティブな発音って難しいんだよね。小さい頃から日本語を話してきた僕たちにとって、英語は普段使わない舌の筋肉を使っているような気がする。実際、zebraheadのwannabeを一日中歌ってたら鼻から下の筋肉が全部疲れた(当たり前)。
日本語では発音できない、独特な発声法、英語。が、よくよく考えてみれば他国の言語は英語のような発音が多い。独特なのは日本語の方なのかもしれない。

「何で英語なんて勉強しなきゃならねぇんだよ」
今でもクラスから聞こえることのある台詞である。僕も中学生の頃はよく言っていたと思う。でも、英語の曲を聴くようになってからは、考え方が変わった。洋楽の歌詞の意味を知るには、英語を身につけなきゃならないからね。
それに、日本は敗戦国である。普通、敗戦国は勝利国の言葉を喋る様になる。植民地として利用するのに指令が届かなきゃ意味が無いからとか、理由はたくさんあると思う。その国の言葉を喋ることを禁止し、無理矢理喋らせるようにするのがそれまでのスタイルだったらしい。だけど、WWⅡでは違った。

結果的に、日本人のほとんどは英語で日常会話をすることができない。それが良いことだとも悪いことだとも思ってないけど、国の言葉を大事にするのはとても大切なことだと思う。
だが、産業社会や情報社会が進むにつれて、英語が喋れなくて困った、という場面が増えてきた。日本が今以上に世界を相手に物を売る国になっていくのであれば、英語を喋るのが当然になってくる。それを踏まえるのなら、小学生のうちから英語の授業が始まるのも当然かな、と思うんだけど一般的な意見はどうなんだろうか。
なんにせよ、部屋を見回すと英語表記のものばかりな今の時代、英語くらいは喋れなきゃなぁ、なんて思う今日この頃でした。


二ヶ月ぶりの更新がこんなクソ真面目な話でいいんだろうか?良くないよなwww
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。