We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:107 I Don't Miss A Thing

業務連絡:大学受験でちょいと忙しいので、次回の更新はきっと11月の18日以降です。18日に結果が出るので気分がよければ更新します(笑






最初に断っておくけど、この話はちょっと管理人が受験云々で苛立ってて腹癒せに書いているもので、
主観が混ざってて知人が見ると事実と異なる可能性もあります。




話の初めは中学三年の7月
毎年恒例の河川敷で行われる七夕祭りでの事件





友人のytoが舞台でソーラン節を踊ると言うのでブーイングしに参加した





学校の行事でやってるソーランだが、ytoはその腕も確かなもの





踊るときに、なんかイキイキしてるのも性格的なものだと思う





そういや、知り合いのうちで一番ジャニーズ顔なのもコイツ






性格的にモテないが。






ソーラン節は特に説明をすることも無く終了





あとはなんとなくブラブラと出店を回って帰るだけだが、





一緒に来ていたハイマニューバ・オデブ君が見知らぬ人間にちょっかいをかけられてる




















エアロスミスのタラリコみたいな馬面にちょっかいかけられてる。

Steven+Tyler+steven.jpg



タラリコがあんまりにも鬱陶しいので





「おい、目の前フラフラしてると邪魔だ、どっか行け」





と注意する僕





「うぁあん?」
とよく分からん鳴き声で返事をするタラリコ





どうやらヒヒーンとは鳴けないみたいだ、タラリコ





癪に障ったらしく、何か文句を言ってくるタラリコ





Face to faceで対峙してまくし立ててくるが





一度そういう風に見えてしまうと、




















もうタラリコにしか見えない

Steven+Tyler+steven.jpg




必死に笑いを堪えるもんで





ニヤニヤしながら文句を聞く僕








タラリコ、挑発されてると勘違い








活舌がが悪くてほとんど聞き取れなかったが去り際に一言





「すぐ近くに兄貴とその友達がいるんだぞ」





指差す先に見えたのは











どう見ても彼である。

芋洗坂~1












しかも兄貴の友達もである

芋洗坂~1 芋洗坂~1




当時は芋洗坂係長は知名度が低かったが






あんなので脅されちゃあ(主に腹筋が)たまったもんじゃない





やばい、笑い殺される





そう感じ取って足早に退散する僕。







しばらく歩いて腹が減ったので出店のフランクフルトを買っていると














野生のタラリコが現れた
Steven+Tyler+steven.jpg




正面から来て肩を思いっきりぶつけて来た











背が低すぎて当たらなかったが。











何も起こらないので無視して買い物をしようとすると、



いきなり胸倉をつかんでくるタラリコ



タラリコさん、







全然持ち上がってませんよ!







店のおじさんが止めに入ってきたので、無視して帰る俺に




タラリコ 「後で駐輪場、来いや!!」










先に行っておうちに帰りました。








そしてつい先日









タラリコ、強姦容疑で逮捕。\(^=^)/

Steven+Tyler+steven.jpg


元気でね、タラリコ!
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Part:106 V-max 製作記 Vol1

二度めの製作となるアオシマ製のVmaxです。
キットの出来はまぁまぁでして、プロポーションが悪くないのが幸い、といった感じです。

Vmax_Box.jpg

画像をアップロードしようとして「参照」ボタン押したら秘蔵のアダルトフォルダが開かれてビックリしたw 危うく女性の好みを公にするところだった。まぁ、いつか書いた事あるけどさ

早速製作開始。そして問題発生その一。

Vmax_Disk1.jpg


ディスクブレーキの放熱孔がでかすぎる。これじゃ蜂の巣だよ。
残念ながら、このキットに対応するエッチングパーツは無いので自分で解決するしかありません。
とりあえずキットのモールドをガイドに0.5mmのピンバイスで開口。

Vmax_Disk2.jpg


ごらんの通り、穴を開けてやります。
カメラだと穴から出た光が膨張して見えるので大きいように見えますが、実際にはもっと小さな穴が開いてます。

Vmax_Disk3.jpg
Vmax_Disk4.jpg


表側のモールドをラッカーパテで埋めます。完全に乾燥させてから表面をラッカー溶剤で均し、裏側の穴をガイドにもう一度穴を開けなおして完成。サフを吹いて確認。

うーん、微妙だな。うまく出来た部分と出来てない部分がはっきり分かれてる。
どこかからエッチングパーツが販売されないかなぁ。マイナー種だからきっぱり諦めるべきだろうなぁ。

Vmax_Pedal.jpg


ブレーキペダルはのっぺらぼうだったので、とあるHPで掲載されていた方法で滑り止めを追加。
やり方は至ってカンタン。接着剤を塗って半乾きのところをメッシュで押さえつけるだけ。

Vmax_Taiya.jpg


タイヤは前輪にひどいバリとパーティングラインがあったので、400番のペーパーで除去。ホコリがつき難くなるようにワックスで磨きました。・・・ホコリは付かないけどツヤがイマイチ。実車用タイヤワックスを買うほどお金も無いし、これでいいかな。

Vmax_Hoil1.jpg

0.5mmの真鍮線と、伸ばしプラ棒。これを使ってディティールアップです。

Vmax_Hoil2.jpg

プラ棒に0.5mmのピンバイスで穴を開け、差し込みます。
さてさて、これの何がディティールアップかというと・・・

Vmax_Hoil3.jpg

この部分。ホイールのバルブ部分でした。
ホイールはツヤツヤのブラックで塗装。デカールを貼るのでタイヤを装着するのはもう少し先になります。


さて、今回はこれにて終了。次回をお楽しみに。
1/12 V-max | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。