We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

Part:268 オープンソースカンファレンス2014広島に参加しました

自作ゲームの出展と、会場のスタッフとして参加しました。
そもそも、オープンソースカンファレンス(以下OSC)とは、オープンソースを扱う変態クラスの腕前を持つ技術者たちが、「こんな技術でこんなもんが出来るんだぞ~」とその技術を広めるための展示やセミナーなんかを行うお祭りです。


スタッフとして参加するつもりでしたが、スタッフも結構な人数がいて、最初の展示会設営ぐらいしか活動できませんでした。足手まといですね(笑
なので自作ゲーム、Religionを展示して色々な人の話を聞いてました。技術的な説明は全部kamera25さんに丸投げします。ぶっちゃけよく分からないので。
ゲーム内容で多く言われたのが、「手りゅう弾飛び過ぎじゃね?」という点。確かに上半身だけ動かして50m位投げちゃう剛腕ですね。僕としては、こういう風に一般の人の意見を聞くことが出来たのが一番の収穫ですね。

他の方の展示は、話聞いてもチンプンカンプンなのは目に見えてるので観察するだけになりましたが、

無題1
こんな雰囲気のジュラルミンっぽいケース内に複雑そうな機械とモニターを入れて、複雑そうな計算をしている方や、

古臭いパソコンを現代技術で動かす方、目の見えない人向けのキーボードを展示する方など、様々な方が様々な技術とアイデアを所狭しと並べていました。


今回のOSCに参加して一番驚いたのは、プログラムというものが幅広い分野で使われているという点。知識としては知っていましたが実際に目にするのは初めてでした。

プラモの展示会をしても、集まるのはプラモだけ(といってもガンプラから城、美少女のエロいフィギュアまでの幅はあります)。プラモ作る技術でビール瓶を作る装置を開発しましたー、なんてことはあり得ないわけです。
絵の展示会をしても、やっぱり集まるのは絵だけで、絵を描く技術で絨毯を作ってみましたー、なんてあり得ません。

ちょっと例が極端でしたが、プログラムだとそれができちゃうんですね。プログラムを作る技術で、ビール瓶をつくる装置の制御が~、絨毯を作る装置の制御が~といった具合で。しかもそれを展示してしまう、という。


途中で先輩から召集がかかったので懇談会には参加できませんでしたが、OSCを十分楽しむことができたと思います。こういうお祭り的な雰囲気、嫌いじゃないです。
「ちょっと何言ってるんだかわかんない」とか、「説明ヘタクソだな、こいつ」とか思った方、


説明しにくいので来年参加してください。
スポンサーサイト
自作ゲーム Religion | コメント:0 | トラックバック:0 |

Part:267 2代目タボールをカスタム シリンダー交換&完成編

シリンダー周りを交換することにしたので、部品を注文しました。

tavor_a_41.jpg

東京マルイさん純正のシリンダーとピストンセットです。
中古品ではありますが、非常に綺麗なのでちょっと手をかけて使いたいと思います。

Part:267 2代目タボールをカスタム シリンダー交換&完成編…の続きを読む
2代目タボールカスタム | コメント:2 | トラックバック:0 |

Part:266 2代目タボールをカスタム シリンダー編

下がった初速をなんとか上げたい。
そもそも、初速はどうしたら上がったり下がったりするのか。今回の事例を絡めて簡単に説明したいと思います。

ピストン説明1

まずこれを基本の構成とします。
赤いのがシリンダー、左のベージュがピストン、右の黄色いのがシリンダーノズルで、ここから空気が排出されます。
ピストンは往復に0.1秒かかります。その際に排出される空気の量は100です。こむずかしいので単位はなしで100です。
Part:266 2代目タボールをカスタム シリンダー編…の続きを読む
2代目タボールカスタム | コメント:0 | トラックバック:0 |

Part:265 2代目タボールをカスタム シム調整&メカボ組立編

「あれ?タイトルはタボール改修なの?タボールカスタムじゃなくて?」と友人からご指摘いただきました。似たようなもんじゃね?と思いながらも今回からタボールをカスタムに書き直す、小心者の私。

tavor_a_32.jpg

シムセットが到着しましたので、調整していきます。
シム調整は電動ガンのギヤノイズおよびギヤとピストン系の寿命に影響してくるので欠かすことのできない作業です。国産電動ガンは割とキチっとしていますが、海外製はやっぱり雑ですのでやっておくのが無難ですね。
国産もさらに突き詰めれば静寂性の上昇が期待できるので、消音カスタムでは必須です。

Part:265 2代目タボールをカスタム シム調整&メカボ組立編…の続きを読む
2代目タボールカスタム | コメント:0 | トラックバック:0 |

Part:264 2代目タボール改修 チャンバーパッキン&タペットプレート編

tavor_a_26.jpg

なにかと弱い弱いと言われるタペットプレートは、HurricanEさんのVer.3メカボ用に交換します。壊れてから交換でも良かったのですが、せっかくメカボ開けたので今のうちに交換しようと思い立ったわけです。

Part:264 2代目タボール改修 チャンバーパッキン&タペットプレート編…の続きを読む
2代目タボールカスタム | コメント:0 | トラックバック:0 |

Part:263 2代目タボール改修 配線編

tavor_a_18.jpg

取り外したメカボックスを分解します。ちょうどいいプラスドライバーでネジを回すだけでokです。マルイ製と違ってトルクネジは使っていません。
それと、スプリングは飛んでしまう前に外してしまう方が安全です。


Part:263 2代目タボール改修 配線編…の続きを読む
2代目タボールカスタム | コメント:0 | トラックバック:0 |

Part:262 2代目タボール改修 塗装編

tavor_a_12.jpg

現在メカボックスを弄っていますが、シムが届いてないので更新はまた今度。今回は塗装を公開したいと思います。

1代目同様にメカボックスを取り外し、ガワだけにしておきます。メカボックスのオイルか、成型時の離型剤かは分かりませんが、表面やボルト穴にオイルが付いていたので中性洗剤(台所用洗剤)で洗いました。中性洗剤の良い点はプラスチックにも使えるというところ。オイルを落とすのにパーツクリーナーを使う方もいますが、モノによってはプラスチックを溶かしてしまうので僕は洗剤でやってしまいます。台所から借りられるのでタダ同然ですしね(笑
ただし、ちゃんと洗い流さないと洗剤が塗料を弾くので、水でしっかりと洗いましょう。
Part:262 2代目タボール改修 塗装編…の続きを読む
2代目タボールカスタム | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |