We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:101  PG ダブルオーライザー製作記-00ガンダム/ディティールアップ編

チョコチョコと気になった部分を弄ってディティールアップ。


pg-cus1.jpg


マズはオーライザーのウイング(?)部分。クリアパーツになっています。
残念なことに裏が真っ黒いパーツであんまり目立たないので、ホログラムシートを挟んで鮮やかな反射を入れてやります。本体のフトモモパーツも似たようなパーツ構成なので、塗装後にシートを貼ってやってます。写真右が貼った後。分かりにくいかな?


pg-cus2.jpg


次はつま先の延長だ!適当にふらふらと2mm角棒を接着します。


pg-cus3.jpg


幅11mmに切り出した1mmプラバンを用意して・・・


pg-cus4.jpg


ペタリ。接着剤を多めにつけて、がっちりと固定してやります。


pg-cus5.jpg


完全に接着できたら、上面の長すぎる部分とフレームと干渉する部分を切り抜きます。


pg-cus6.jpg


タミヤのエポキシパテを使って隙間を埋め、整形して終了!コレを同じ工程で反対側も作ってやります。
パテはポリエステルでもいいのですが、気泡処理が面倒なのでこちらに。ただ、エポパテはプラスチックよりやや硬いので気がつかないうちにガイドのプラバンを削ってしまうこともあるので注意。


pg-cus7.jpg


ビフォーアフター。ゲタからフリューテッドアーマーの足先に(笑
角度も緩やかになって、なんとなく足全体の流れがシャープになったような気がします。


pg-cus8.jpg


コクピット部分の装甲にモールドを施します。専用のタガネなんかは持っていないので、カッターで彫ってペーパーで整えます。慣れてないけど、まぁまぁの仕上がりになりました。


pg-cus9.jpg


頭部上面にも施します。うーん、微妙。直すほどでもないんでこのまま塗装してやります。

コレにてディティールアップは終了。次回はついに塗装へ入ります!
スポンサーサイト

PG00Raiser_MS.Part | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Part:102  PG ダブルオーライザー製作記-00ガンダム/塗装編 | HOME | Part:100  PG ダブルオーライザー製作記-00ガンダム/バックパック、武器編>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。