We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:106 V-max 製作記 Vol1

二度めの製作となるアオシマ製のVmaxです。
キットの出来はまぁまぁでして、プロポーションが悪くないのが幸い、といった感じです。

Vmax_Box.jpg

画像をアップロードしようとして「参照」ボタン押したら秘蔵のアダルトフォルダが開かれてビックリしたw 危うく女性の好みを公にするところだった。まぁ、いつか書いた事あるけどさ

早速製作開始。そして問題発生その一。

Vmax_Disk1.jpg


ディスクブレーキの放熱孔がでかすぎる。これじゃ蜂の巣だよ。
残念ながら、このキットに対応するエッチングパーツは無いので自分で解決するしかありません。
とりあえずキットのモールドをガイドに0.5mmのピンバイスで開口。

Vmax_Disk2.jpg


ごらんの通り、穴を開けてやります。
カメラだと穴から出た光が膨張して見えるので大きいように見えますが、実際にはもっと小さな穴が開いてます。

Vmax_Disk3.jpg
Vmax_Disk4.jpg


表側のモールドをラッカーパテで埋めます。完全に乾燥させてから表面をラッカー溶剤で均し、裏側の穴をガイドにもう一度穴を開けなおして完成。サフを吹いて確認。

うーん、微妙だな。うまく出来た部分と出来てない部分がはっきり分かれてる。
どこかからエッチングパーツが販売されないかなぁ。マイナー種だからきっぱり諦めるべきだろうなぁ。

Vmax_Pedal.jpg


ブレーキペダルはのっぺらぼうだったので、とあるHPで掲載されていた方法で滑り止めを追加。
やり方は至ってカンタン。接着剤を塗って半乾きのところをメッシュで押さえつけるだけ。

Vmax_Taiya.jpg


タイヤは前輪にひどいバリとパーティングラインがあったので、400番のペーパーで除去。ホコリがつき難くなるようにワックスで磨きました。・・・ホコリは付かないけどツヤがイマイチ。実車用タイヤワックスを買うほどお金も無いし、これでいいかな。

Vmax_Hoil1.jpg

0.5mmの真鍮線と、伸ばしプラ棒。これを使ってディティールアップです。

Vmax_Hoil2.jpg

プラ棒に0.5mmのピンバイスで穴を開け、差し込みます。
さてさて、これの何がディティールアップかというと・・・

Vmax_Hoil3.jpg

この部分。ホイールのバルブ部分でした。
ホイールはツヤツヤのブラックで塗装。デカールを貼るのでタイヤを装着するのはもう少し先になります。


さて、今回はこれにて終了。次回をお楽しみに。
スポンサーサイト

1/12 V-max | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Part:107 I Don't Miss A Thing | HOME | Part:105 アオシマのVmaxを買ってきた。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。