We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:184 1号車レストア記 Vol.2

それでは、パーツを本体に組みつけていきたいと思います。

cycle11.jpg

フレームはこんなです。ホームセンターで売っていたよくわからないクロスバイクなので、詳しいメーカーも車名も不明。元の変速機がシマノだったり、サドルはVelvoだったり、いろいろとごちゃごちゃでコダワリもないカンジ。ブレーキはシマノ製に交換済。ブレーキレバーと、ドリンクホルダー、スタンド、写真には写ってませんがリアフェンダーも装備・交換してます。

cycle12.jpg

まずはシフターから取り付けます。
傷だらけのバーエンドは溶きパテで補修中なので、とりあえずグリップをはずします。スキマからマイナスドライバーをねじ込んで、潤滑剤(クレ556を使用)を流し込んではずしやすくします。固すぎて外れない場合は潤滑剤の量を増やしたり、グリップがゴムなら暖めてみたりすると効果的です。

cycle13.jpg

ブレーキレバーとシフターはレンチやドライバーを使用してはずしました。写真は4年間お世話になったサムシフターです。お疲れ様。

cycle14.jpg

以前は
「内側 ← サムシフター → ブレーキレバー → グリップ → バーエンド → 外側」
の順に組んでいましたが、今回はグリップシフターなので、
「内側 ← ブレーキレバー → グリップシフター → グリップ → バーエンド → 外側」
の順に組みます。

cycle15.jpg

リアディレーラーです。写真の組みつけ方は間違ってます。この角度ではBテンションアジャストボルトが機能せず、結果的に変速機がうまく機能しなくなります。
このせいで5時間も悩み続けたぜ(笑

cycle16.jpg

カセットBBを取り付けます。
そのまえに、BBシェルをきれいにしておきましょう。写真で見るとわかりにくいかもしれませんが、ネジの谷に黒い汚れ(古くなったグリスと思われる)が付着しています。
これが原因でBBがうまく入らなかったり、しっかり固定できなくなる可能性もあるので、今のうちにとっておきます。

cycle17.jpg

ブレーキクリーナーを吹きつけながら、不要な布でふき取ります。この際の布はタオルや雑巾でなく、着なくなったインナーシャツなどの繊維が散りにくいものがお勧めです。ティッシュやトイレットペーパーなんか使ったら悲惨な目にあうぞ(笑
写真では上のほうにまだ少し残ってますね。

cycle18.jpg

BBを装着する前に、ネジの部分をブレーキクリーナーや脱脂剤で磨いておきます。というのも、金属製のBBは削りだしで作るからだそうです。切削加工は削りやすくするために材料にオイルを塗るので、それが製品にも残っているかも知れない、ということですね。実際に、このBBはネジ部分にオイルっぽいすべすべしたものが着いていました。
磨き終えたら、ネジ部分にネジ止め剤をつけます。今回はロックタイト243を使用しました。

cycle19.jpg

BBの組みつけが完了しました。BBはBB回しを使ってしっかりと固定しておきます。はみ出したネジ止め剤も拭き取っておきましょう。

次回はクランク取り付けからはじめます。
スポンサーサイト

1号車レストア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Part:185 1号車レストア記 Vol.3 | HOME | Part:183 バイクがほしい>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。