We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:197 ゲルググJ配備記録vol.3

gelgoogj_4.jpg


今回は胸部のバーニア部分を加工します。
コクピット横にあたるバーニア部分のフチが太くてダサいので、プラ材で作り直したいと思います。

gelgoogj_5.jpg

用意するのは建築模型などで使用する、エバーグリーン社のチャンネルプラ棒。最初からコの字で整形されているので、非常に簡単に長方形のバーニアが作れます。

gelgoogj_6.jpg

本体のバーニアをノギスで計測し、そのままプラ棒をカットします。カット断面を斜めに削って台形にしておくのがそれらしく見えるポイントになります。

gelgoogj_7.jpg

トリミングしてないので見づらいでしょうが、断面に0.3mmプラ版でふたをして完成となります。

gelgoogj_8.png

図解するとこんな感じ。プラ棒(赤)を台形になるようにカットして、プラ版(青)で閉じてやるわけです。先ほどの説明とくらべると情報量はまったく増えてませんが。

さて、次回はどこをいじってやろうかなぁ。


HGUC 1/144 MS-14JG ゲルググJ (機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争)HGUC 1/144 MS-14JG ゲルググJ (機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争)
()
バンダイ

商品詳細を見る
プロポーションはいい。細かいディティールアップで化けるかも?
スポンサーサイト

HGゲルググJ製作 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Part:198 ゲルググJ配備記録vol.4 | HOME | Part:196 愛車への道のり Vol.3 頼りの親方は、どこか宙を見てる編>>

この記事のコメント

そんな細かいところまでやるとは
大きなところはあらかたやるのかな?
いくらかかるゲルググができあがることやら
2012-11-19 Mon 16:16 | URL | TARのひと #-[ 編集]
僕が模型を作るときは、いつも「気になったところで簡単にできる部分」から手を加えていってます。でなけりゃいつまでたっても完成しないことが多いので・・・。HGのゲルJはプロポーションもまとまってるので大きな改修はせず、細々した部分の精度を上げて仕上げようと思ってます。
だから次回もバーニアのフチを削ったり、胴体横のダクトを改造したり、やっぱり地味な作業になりますよ(笑
2012-11-22 Thu 19:37 | URL | F19 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。