We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:200 愛車への道のり Vol.4 20年目の反抗期

父親に対して怒りを剥き出しにした僕は、もう一度見積もりを出してもらうことにした。最初に出してもらった三店にもう一度見積もりを出してもらい、一番安い店で(父にはナイショで)買うことにしたのだ。
結果から言ってしまえば、前回のA店が一番安かった。前に見積もりをしてもらった時よりも安くなっていたので詳しく見てみると、「生産国から店までの配送料」が無料になっていた。お気づきの方もいらっしゃるかと思うが、この料金は僕が「けちんぼ」扱いした料金だ(笑 もしかしたらこのブログを見ていらっしゃるのかもしれない。こんにちは、お世話になります、けちって言ってごめんなさい。

ということでこのA店と連絡を取り、ローンを組んだ場合の計算をしていただいた。頭金4万円、二十四回払いだと月々1万円くらい。これなら少ないバイト代でも無理なく返すことができそうだ。
ナンバーは向こうでとってもらうので、住民票を送って頭金を振り込んで準備完了。
輸入車元から車両を発送してもらって、それから登録、点検整備なんかを行うとのことだった。車両配送が一週間から十日ほどかかり、点検整備で一週間くらいだそうだ。
これが11月半ばの話。

で、12月のはじめ頃。
二週間くらいで来るものだと勘違いしてた僕は焦った。連絡こねーし。もう待ちきれねーし。
メールで問い合わせてみたところ、
「あ、ただいま輸入メーカーの出荷点検が終わったところで、もう二週間くらいかかります」

きっと、海の向こうではこんなやり取りをしてたんだろう。
インド人整備士A「日本に送るバイク、整備した?」
インド人整備士B「まだッス。つーか、明日でいいスかね?オレ、今日モスク行くんでw」
さすがインドだ。もっと働け。

先週の金曜日に、「業者に配送手続きをしました」と電話を頂いた。今週の火曜日か水曜日に到着するそうだ。
大学は今週の金曜日までが授業。それからしばらく冬休みに入る。なんだかんだで最高のタイミングで配送された、ってことなんだから、インドには感謝している(笑



続く
スポンサーサイト

バイク購入まで | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Part:201 愛車への道のり Vol.5 娘がインドからやってきました | HOME | Part:199 ゲルググJ配備記録vol.5>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。