We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:209 ゲルググJ配備記録vol.9

さて、今一度組み終えたゲルJを見て思うことが一つ。


ウェザリングする必要なくね?


小悪魔モデルなみにシャドー濃い目なので(小悪魔なんてよく知らんが)、今回は汚し塗装なし、ということにしたいと思います。失敗したくないし。

gelgoogj_38.jpg

バックパックのバーニアは市販パーツを組み合わせて再現します。
使用したのはU・バーニアフラット(左)とO・ボルト(右)です。どちらもウェーブ製。それぞれ丁寧にゲート処理し、U・バーニアはスーパーステンレスで、O・ボルトはスターブライトシルバー+ブラックで塗装。

gelgoogj_39.jpg

使用する部分にO・ボルトが入る大きさの穴を開けておき、かぶせるようにU・バーニアを接着。
これだけで簡単にバーニアっぽく仕上がります。

gelgoogj_40.jpg

武器はセミグロスブラックで下地塗装し、ジャーマングレー+ホワイトで塗装。武器はシャドーがあまり目立たないように塗ってみました。
スコープレンズはHiQパーツのセンサーシールを貼り付け、手芸用のUVクリアレジンで再現。晴れた日に日向に置いておけば半日くらいで固まります。

gelgoogj_41.jpg

あとは組み立てるだけで完成!
後半はちょいと急ぎ足でしたが、少しでも参考にしていただければ書き続けた甲斐があるというものです。
大きい写真等はいずれホームページに掲載します。その時はまたお知らせします。
スポンサーサイト

HGゲルググJ製作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Part:210 「たまんねぇ!」なあの人 | HOME | Part:208 ゲルググJ配備記録vol.8>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。