We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:216 廻、折

fz-16のクラッチレバーの角度を変えようと思い立ちました。乗ったときに左手首が腕とまっすぐになってないので、長距離だと地味につらいからだ。
gurip.png
左より、右のほうが楽。これはチャリンコでも同じ(むしろサドルの位置が高いチャリンコのほうが変わってくる)。

で、レンチでボルトをぐるぐる回してたらこうなりました。

bolt1.jpg

頭だけ取れた!

bolt2.jpg

メス側に残っているボルトをラジオペンチでつかんで外すと、こんな状態。頭の辺りだけ回って切れてます。ボルトだけにねじ切れてるってか。やかましいわ。

bolt3.jpg

メス側の山は生きていたので、工具箱に転がっていたボルトを突っ込んで代用。ちょっと長いのはご愛嬌。
しかし、こんな製品で大丈夫なのかインドヤマハ。
スポンサーサイト

fz-16カスタム記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Part:217 産廃PC | HOME | Part:215 ご報告>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。