We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:264 2代目タボール改修 チャンバーパッキン&タペットプレート編

tavor_a_26.jpg

なにかと弱い弱いと言われるタペットプレートは、HurricanEさんのVer.3メカボ用に交換します。壊れてから交換でも良かったのですが、せっかくメカボ開けたので今のうちに交換しようと思い立ったわけです。

tavor_a_27.jpg

ところがver.3用のタペットプレートはそのままでは後部がベベルギヤに干渉してしまうので加工しなければなりません。そのまま使用するとタペットプレートが壊れます。交換した意味がまったくなくなりますね。

tavor_a_28.jpg

タペットプレートが一番後ろまで下がるようにセクターギヤを回してみて、干渉しないように削ります。
ある程度の強度があれば十分なので、この部分のカットはおおざっぱに大目にやっても問題ないでしょう。もちろん保証はしませんけどね(笑

tavor_a_29.jpg

チャンバーパッキンはより精度の高い、PDIさんのWホールドチャンバーパッキンに変更します。
元のパッキンも2点保持で十分精度が高そうですけど、フライヤー(撃った時に、まったく違う方向に弾が飛んでく事)を防ぐために少しでも高精度なものを、という訳です。

tavor_a_30.jpg

アウターバレルを外すために、ピンを押し出して外します。アウターバレルはチャンバーをスプリングで押さえつけているので、外したときに飛び出さないように気を付けます。

tavor_a_31.jpg

インナーバレルを外すにはロックピンをこじってやればokです。
インナーバレルとチャンバーの隙間に入っているのがチャンバーパッキン。これを交換するだけで終了です。簡単ですね。

次回はシム調整を行い、メカボックスを完成させます。
スポンサーサイト
2代目タボールカスタム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Part:265 2代目タボールをカスタム シム調整&メカボ組立編 | HOME | Part:263 2代目タボール改修 配線編>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。