We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:285 1/72 マスタングを作る!

ツイッターの方でまとめてました、1/72のタミヤ・マスタング製作をブログでさらにまとめます。
p-51001.jpg

作るのはこれ、タミヤのウォーバードシリーズ、P-51Dマスタングです。このシリーズは外国のイタレリ社から販売権を買ってタミヤブランドで売っているキットもあるのですが、このマスタングはタミヤが独自に作ったキットだそうで、作りやすいと高評価みたいです。

p-51002.jpg

コクピットを塗ります。タブレットで参考になりそうな画像を探して、それを基に調色します。この時は何とも思いませんですが、ちょっと鮮やかすぎたかもしれません。

p-51003.jpg

こんな感じで、ランナーについたままさらっと塗ってやりました。持ち手を準備する必要がないので、こういう部分はランナーごと塗るほうが手っ取り早いのです。ゲート痕が目立つ部品や、全体をその一色で塗る必要がある時なんかは切り離して持ち手を付けたほうが二度塗りの手間が省けます。

p-51004.jpg

コクピット内を塗り分けます。
つや消し黒指定の部分はつや消し黒で塗るよりも、黒に近いグレーで塗るほうがスケール感が出ます。写真にはありませんが、機体下部につくダクトも同色で塗っておきました。

p-51005.jpg

シートはオリーブグリーンで筆塗り、計器類はクリアー塗料を点付けしてガラスを再現してあります。もっとも、キャノピーを付けるとほとんど見えないので細かいことは気にしないほうが気が楽ってものです。

p-51006.jpg

そのままではキレイすぎるのでエナメル塗料のバフでウォッシング。ただ、前述の通りキャノピーを付けるとほとんど見えないので自己満足の世界です。

p-51007.jpg

内装を塗り終えたら胴体を接着。合せ目を消したいので、ゼリー状の瞬着を使いました。ゼリー状だと合せ目のモールドに流れないですし、適度な硬化時間で位置合わせしやすいのでお勧めです。

という事で今回はここまで。
次回は合せ目消すところからはじめます。
スポンサーサイト

1/72 タミヤ・マスタング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Part:286 1/72 マスタングを作る! 第2回 | HOME | Part:284 ふつうの広島 Advent Calendar 2015 広島が舞台のふつうの映画>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。