We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:286 1/72 マスタングを作る! 第2回

p-51008.jpg

ホイール類はメタリックカラーのアルミで塗装。説明書ではつや消し指定なので、後ほど缶スプレーのつや消しクリアーを吹いておきます。

p-51009.jpg

前回の最後で接着した胴体の合わせ目を消します。使った瞬着は硬化するとプラより硬くなるので、勢いよくガリガリ削っていきます。合せ目のラインが白くなっているのは、溝に瞬着やプラのカスが残っているため。要するに、瞬着が足らず合せ目が埋まっていない証拠です。
そういう場合はカスを取り除いてから、上から瞬着を塗り直せばokです。モールド付近に瞬着を足す必要が無ければ、ゼリー状より液体状の方が溝に流れやすく、硬化も早いので簡単です。

p-51012.jpg

脚部のカバー(名前忘れた)はヒケがひどいので…

p-51013.jpg

800番でヒケを消して、1200番くらいのスポンジヤスリで仕上げます。あまり目立たない部分ですし面倒ではありますが、やらないで完成後に後悔するよりはマシです。

p-51011.jpg

胴体の処理が終わったら、主翼を接着して800番のペーパーでヒケ処理。さらに目の細かいスポンジヤスリで磨きます。
今回はメイヤー中佐のカラーリングにするつもりなので、下地には気を使っておきます。

p-51014.jpg

主翼、尾翼、その他細かいパーツを取り付けて下地塗装の準備。脚とアンテナ、プロペラは塗装後に取り付けるのでおいておきます。写真にはありませんが、キャノピーもマスキング&接着しておきます。

p-51015.jpg

脚部カバーは丸めたマスキングテープで固定して、一緒に塗装してあげます。カバー裏面は表面塗装&クリアコート後にメタリックカラーのアルミで塗装します。

p-51016.jpg

ブラックで下地塗りしましたが、機体裏面はヤスリ後が・・・
ヒケも多少残っていますが、面倒なのでこのままにします(逃

p-51018.jpg

表面はキレーなグロスになったので裏面の失敗はokとしたのです(笑
コンパウンドで磨いたりしてもいいのですが、今回はそこまで手をかけずにこのままさらさらっと仕上げたいと思います。

p-51019.jpg

メタリックカラーのクロームシルバーで塗装。メタリックカラーは磨くと綺麗な金属光沢が再現できるので、ティッシュで磨いてやります。メタリックカラーは手の油で酸化するらしいので、直接触らないようにニトリル手袋を使用しました。

p-51020.jpg

磨き終わったら触れて酸化しないようにクリアコートします。が、一度に厚塗りしすぎてシルバー塗料を溶かしてしまいました。まぁ、失敗した裏面なので良しとします(笑 

今回はこの辺で終了。次回で終われるかな?
スポンサーサイト

1/72 タミヤ・マスタング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Part:287 1/72 マスタングを作る! 第3回 | HOME | Part:285 1/72 マスタングを作る!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。