We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:288 納車!(人生で5代目)

もう一月も半ばですが(笑 明けましておめでとうございます。今年ものっそり更新していきますので、トイレの中や奥さんのつまらない小言の間(要するにヒマな時)にのんびり見てください。
1回目の更新はタイトル通り。新しい愛車の納車が完了したのです。

さてさて、これまで僕が使っていた乗り物を振り返ると、
・1号車 今夜は泥酔Night号 安物クロスバイクのカスタム車。ブログで改造を紹介した奴。
・2号車 不祥事メアリー号 ドッペルギャンガー701 RPM(廃車処分済み)
・3号車 シェーリン号 YAMAHA fz16
・4号車 リリアーヌ号 PEUGEOT308
と、日本じゃ珍しいものばっかり(1号車はいろんな意味でよく見かける安物クロスバイクだけどね)。
で、なんで振り返ってみているかというと、今回購入した5号車は全く珍しくもない国産車だからです。


Vmax_001.jpg

じゃじゃーん。5号車は憧れのVmaxちゃんです!
初めてVmaxを見て憧れて以来10年。ようやくオーナーになる事が出来ました〜


購入したのは2001年モデルで、走行距離は11000キロほど。なかなか綺麗な状態で、目に見える範囲の部品はすべて純正品。長く乗るなら、どこかの誰かがカスタムした車体よりノーマル車の方が無理な扱いされてないので良いらしいですね。
まあ、中古車ですので綺麗とはいっても、アルミ部分に腐食が見られたり・・・

Vmax_002.jpg

サイレンサーの内側にぶつけた跡や、穴を空けて塞いだ跡があったり。まあまあ、年式なりの傷みはあります。幸いこの辺りのパーツは多く出回っているので、綺麗な部品に交換するのは難しくないでしょうね。

Vmax_003.jpg

シェーリン号と並べるとこんな感じ。シェーリン号、排気量8倍のバイクとほぼ同サイズ。いやぁ、どーりでVmaxがあんまり大きく感じられなかったわけだ(笑     *シェーリン号のカスタム内容はいずれ紹介します。

乗り心地はさすがリッター越えといったところでしょうか。車体の重量を感じさせない加速力は、初心者の僕でもポルシェにゼロヨンで勝てそうだと錯覚させられます(笑
座ったときのポジションは適度に背筋を伸ばした状態でヒジョーに楽。ただ高速走行時は風をモロに受けそうな感じですね。もう少しハンドルを下げて、幅を持たせると僕好みのポジションになりそうです。
よく言われている、「曲がらない」「止まらない」ですが、僕は「曲がらないけど止められる」と感じました。車重があるので倒すのが怖いから曲がらない(曲がれない)。父のイントルーダー800同様加速してなければ、エンブレを活かして止められるといった感じ。急制動は苦手そうです。

Vmax_004.jpg

ちなみに、国産だと思って買った5号車ですが、車体番号は「JYA2LT~1」つまり逆車カナダ仕様の2001年モデル。排ガス規制前の145馬力エンジン搭載車と判明。特徴の一つでもあるVBoost付きです。これは嬉しい誤算。

これからのカスタムに関してはボチボチと、とりあえず電装系から少しずつ変えていきたいと思います。

最後に恒例の命名。





御神苗・ニコラス号。




嘘です。もっとマシなの考えてきます(笑
スポンサーサイト
今日のお買い物レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Part:289 Vmaxカスタム Vol.1 細かい部分色々編(ヘッドライト&反射板) | HOME | Part:287 1/72 マスタングを作る! 第3回>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。