FC2ブログ

We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

Part:317 MG ガナーザクウォーリア

1_100_zaku_w_001.jpg

MGシリーズ最新作の、ガナーザクウォーリアをさくっと組み立てたのでご紹介します。
一部ディティールアップを行いましたが、基本は素組です。



1_100_zaku_w_002.jpg
1_100_zaku_w_003.jpg
1_100_zaku_w_004.jpg
1_100_zaku_w_005.jpg
1_100_zaku_w_006.jpg
1_100_zaku_w_007.jpg
1_100_zaku_w_008.jpg
1_100_zaku_w_009.jpg
1_100_zaku_w_010.jpg
1_100_zaku_w_011.jpg
1_100_zaku_w_012.jpg
1_100_zaku_w_013.jpg
1_100_zaku_w_014.jpg
1_100_zaku_w_015.jpg

今回手を加えたのは以下の通り

・モノアイ
 コトブキヤ丸モールド+Hアイズ・ミニでクリアパーツ化
・脚部
 動力パイプをスプリング+金属パーツに変更
・オルトロス
 センサー部をHアイズ・ミニ&彫り込んでミラーフィニッシュ貼付+クリアレジンでディティールアップ
 ストック後部の排気フィンを別パーツに置き換え

塗装はラッカー系で行い、エナメル塗料でスミイレ後にアクリル系でトップコートしています。(塗装は前回のMGフォースインパルスも同様です)
デカールは市販デカールやガンダムデカールのフォースインパルス用を使用しています。

MGシリーズ最新作&好きなキャラクターの愛機という事で発売前から期待していたのですが、キットの出来は正直期待外れ。
モノアイやオルトロスのセンサー部といった従来のキットであればクリアパーツにするような箇所が通常のプラパーツだったり、武器の合わせ目が目立ったり(今回は段落ちモールド化や接着剤で処理)するのです。でかいHGか、REシリーズを組んでいるような感じです。
キットの脚部動力パイプはその技術力もディティールも良かったのですが、塗装しづらいので置き換えました。塗装しないのであれば、キットの動力パイプはカッコいいのでオススメ。システムインジェクション万歳。

めちゃくちゃどうでもいいおまけ

1_100_zaku_wo_001.jpg
1_100_zaku_wo_002.jpg
1_100_zaku_wo_003.jpg
1_100_zaku_wo_004.jpg
1_100_zaku_wo_005.jpg
1_100_zaku_wo_006.jpg
1_100_zaku_wo_007.jpg
1_100_zaku_wo_008.jpg

どうしてもザクウォーリアと並べたくて、中古のルナマリアフィギュアを買ってきました。
思春期真っ只中、この娘のせいで性癖ひん曲がったのは僕だけではないと勝手に思っています(笑

ぶるまりあ!ぶるまりあ!

スポンサーサイト



模型 完成品 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Part:318 HGUC ザクⅡ J型 | HOME | Part:316 MG フォースインパルスガンダム>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |