We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:91 PG ダブルオーライザー製作記-00ガンダム/胴体、頭部編

じゃんじゃか進めて改修に進みたいので、解説の質を落として進めます。ご了承あれ。


body1.jpg


開閉ギミックはもちろん、キットの時点で細かく作りこまれているコクピット。
戦闘機や車のコクピットはディティールアップすると見栄える部分のひとつですが、モビルスーツに限っては2の次3の次です。一生懸命作りこんでも、誰もそこまで見ないっ!


body2.jpg


胴体のフレームは可動範囲が広い分、パーツの数も多め。
面倒だけれどもゲート処理は丁寧に行って、可動に支障のないようにしてやります。


body3.jpg


組み終わるとこんなカンジ。脚部と同様に、ホログラムシートのパーツは挟み込まないでおきます。形状でどのパーツか把握し辛いからです。


body4.jpg


コクピットとドッキング。肩周りは非常に複雑なパーツ構成をしているので、組み立て説明書とにらめっこしながら組み立てます。


body5.jpg


相変わらずヒケの目立つ青い装甲や黄色いダクト、赤いパーツを組めばカラフルになりますね。これで胴体は完成。実は二日もかかってます。
ちなみに、青や赤の有彩色が多いこのモデルに、トーンの軽い黄色はアンバランスな気がするので、今回も前回のエクシア同様にバランスを見ながらオレンジで塗ろうと思います。


head1.jpg


頭部装甲。
ヘルメット(親父は『ヘッチン』って呼ぶけど、世間一般では言わないんだろうな)の内部は空洞で、LEDライトユニットが入ります。


head2.jpg


カメラアイ、アンテナを装着。このままではアンバランスで不細工。


head3.jpg


装甲を追加して完成。新撰組リアンの連中よりイケメンwww
額の赤いパーツはクリアのプラスチック。LEDがグリーンなので、光らせるとちょっと変。
高輝度白色LEDに交換した方がいいかもなぁ。
スポンサーサイト

PG00Raiser_MS.Part | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Part:92 ZZR1400が完成した!ダブルオー?まだまだだよ! | HOME | Part90 PG ダブルオーライザー製作記-00ガンダム/腰、下半身完成編>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。