We sing the anthem!

カーペ・ディエム&ケセラセラ主義の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Part:94 英語のハナシ

中国新聞のコラムで知ったけど、楽天やユニクロは英語ができなければ首になるとかナントカ。国際的に活躍するには、英語がしゃべれるのは当たり前って事らしい。まぁ、確かに当たり前だよな。

明々後日、期末試験で英語のテストがあるけど、ネイティブな発音って難しいんだよね。小さい頃から日本語を話してきた僕たちにとって、英語は普段使わない舌の筋肉を使っているような気がする。実際、zebraheadのwannabeを一日中歌ってたら鼻から下の筋肉が全部疲れた(当たり前)。
日本語では発音できない、独特な発声法、英語。が、よくよく考えてみれば他国の言語は英語のような発音が多い。独特なのは日本語の方なのかもしれない。

「何で英語なんて勉強しなきゃならねぇんだよ」
今でもクラスから聞こえることのある台詞である。僕も中学生の頃はよく言っていたと思う。でも、英語の曲を聴くようになってからは、考え方が変わった。洋楽の歌詞の意味を知るには、英語を身につけなきゃならないからね。
それに、日本は敗戦国である。普通、敗戦国は勝利国の言葉を喋る様になる。植民地として利用するのに指令が届かなきゃ意味が無いからとか、理由はたくさんあると思う。その国の言葉を喋ることを禁止し、無理矢理喋らせるようにするのがそれまでのスタイルだったらしい。だけど、WWⅡでは違った。

結果的に、日本人のほとんどは英語で日常会話をすることができない。それが良いことだとも悪いことだとも思ってないけど、国の言葉を大事にするのはとても大切なことだと思う。
だが、産業社会や情報社会が進むにつれて、英語が喋れなくて困った、という場面が増えてきた。日本が今以上に世界を相手に物を売る国になっていくのであれば、英語を喋るのが当然になってくる。それを踏まえるのなら、小学生のうちから英語の授業が始まるのも当然かな、と思うんだけど一般的な意見はどうなんだろうか。
なんにせよ、部屋を見回すと英語表記のものばかりな今の時代、英語くらいは喋れなきゃなぁ、なんて思う今日この頃でした。


二ヶ月ぶりの更新がこんなクソ真面目な話でいいんだろうか?良くないよなwww
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Part:95  PG ダブルオーライザー製作記-00ガンダム/腕編 | HOME | Part:93 ピースウォーカー買ってきた。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。